2011年12月11日 (日)

芸術家と政治家に関する一考察

「画伯」こと高校2年生の娘が、帰るなり、またまた「見てみて~~happy01」と騒ぎ出した。

なにやら新聞紙にくるまれた、怪しげなものをおもむろに出す。

新聞紙の中から出てきたのは・・

F1020292

何これ?

トイレの消臭ポット???coldsweats01

聞けば美術の授業でつくった「芸術作品」らしい

本人いわく、イメージはshineプラネタリウムshine

中にろうそくを灯せば、夏みかんみたいなブツブツした穴から光が錯綜して、天井に星座を描くことになる・・・・・らしい

私には消臭ポットにしか見えないのだが、本人は結構スゴイものをつくった感ありあり。ここはとりあえず「ほめて伸ばす」教育を実践。

思い起こすと、私の小学校低学年のころの夢は

そうりだいじんになること」と「ノーベルぶんがく賞をとること」(そのころ川端康成先生が受賞されたんです。古っ)だったような

つまり政治家と芸術家だったんですよね、夢は

「そうりだいじん」にはなっていないけれど、政治の道には進むことができました。

もうひとつの夢は、果たしてどうでしょうか・・

でも、小説かどうかわかりませんが、いつか本を出したいとは思っています。地方政治のドロドロ暴露本かもしれないけど(笑)wobbly

芸術家と政治家って対極みたいに思えるけれど、実は共通するものがたくさんある気がします。

まず、「変人」が多い!!flair(これは本当です!私もかなり変わった人間ですが、私もビックリするような変わった方が多いのがこの世界!)

それと、「直感bell

普段目にする何気ないものの中に何かを感じる力。それを表現する力。

これ、すべて「センス」の問題です。これを「才能」というのでしょうか

最近の政治の世界は「芸術家」ではなく「職人」タイプの方が多い気がします。

でも、今のような混沌とした閉塞感のある時代には、まったく新たなものを創りだす「芸術家」的政治家がより一層求められるのではないでしょうか。

ちなみに「画伯」こと我が娘の幼少のころの夢は

福澤先生や夏目漱石先生、樋口一葉先生のように

お札になる!」

  

なんでお札なのかはつっ込まないでください。今はどんな夢に変わったのか・・

でも、変な人というところは、芸術家の素質だけはもってるのかも・・

夢なんて見るもんじゃない。語るもんじゃない。かなえるものだから!とアムロちゃんも歌ってますから、自分なりに頑張れ!

と、単なる親バカですね・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

フォーチュン・クッキー

仕事関係の友人3人で食事した四川料理のお店で、食後出てきたのが、フォーチュン・クッキー!

(ちなみに、そのお店ではお茶を入れるのにものすごいパフォーマンスをしてくれるので必見。結構笑えます)

ご存知でしょうか、フォーチュン・クッキー

ピーナッツみたいな形の、中が空洞になっているクッキー(というより瓦煎餅みたいな生地)。中から紙切れが出てきて、そこに短い言葉が書いてあるのだが、いわゆる「おみくじ」ですね。

Photo_2 ウィキペディアより

20代のころ、サンフランシスコの中華街で初めてこのフォーチュンクッキーというものに遭遇したのだけれど、その後一度も見たことがなかったので20年以上ぶりの再会かしら

私は、何十年も前に、ある神社で大凶をひいてから、絶対おみくじなるものは引かないことにしているのだが、これはどうしたものか。

持ってきたお店の方に「悪いこと書いてありません??」と聞いたら、「大丈夫」と。しかしその後「でもたまに訳がわからないのもあるんですよね~」と意味深な言葉。

でも、ここは思い切ってと、おそるおそるカゴから一個選んだ。

で、何が書いてあったかというと

あなたは健康に恵まれ豊かに暮らすでしょうscissors

You will enjoy good health,you will be surrounded by luxury

「なんや、これ!」とツッコミを入れたくなるくらいフツーにあたり前のありがたきお言葉!!.

そして、次にクッキーを開けた二人目の言葉は、「今日のあなたの幸福をまわりのみんなと分かち合いなさい」という、これもまたちょっと説教っぽいけれどフツーなお言葉。(思わず学生時代の神父様を思い出しました。)

なんだ、結構普通なことしか書いてないじゃん!と居合わせたみんなでほっとしたのもつかの間、最後の一人が引いたクッキーには

貴方の人生には、ロマンスとミステリーが待っている

これを引いた彼女は、才色兼備という言葉がぴったりの、私の数少ない20代の美人さんのお友達。

すごくかわいいお顔なのに、仕事はバリバリで、いつもキツーイ言葉で周りをめった切りにしてくれる。年下ですが、珍しく市川が尊敬の念を抱く稀有な存在。その夜も、市川の一連のバカな行動を、辛辣に一蹴してくれた「超現実的」彼女。とても、ロマンスには縁遠そうな、というより対極にいる彼女なのに。しかも現在妊娠中で、かわいい(見たことないですが本人談)だんな様がいらっしゃる。

しかもミステリーって、何???

一瞬凍りつく一同。ロマンスとミステリーといえば、頭の中には、2時間ドラマのテーマソングが。波打ち際の死体??やっぱり刑事は船越英一郎さん?で、助手は山村紅葉さん??

と、まあそれだけだったんですが、結構笑えました。しかし人生何があるかわからないし、ちょっとうらやましい気もしました、正直。もっとも、頭の切れる彼女ですから、決して波打ち際には近づかないと思いますが。

家に帰って調べてみたら、このフォーチュンクッキーって中国の習慣ではなくて、サンフランシスコの日本人の方が1864年の国際見本市で日本庭園のおもてなしで出した北陸の辻占煎餅が由来だそうです。アメリカの中華料理店では結構出てくるみたいです。

今回のお店は東京でしたが、中華街でも出しているところあるのでしょうか。

ユングの言う集合的無意識ではありませんが、こういう、ふと出会うメッセージに、人生の真実や幸せのヒントがあるものと思っています。

政治の世界は一寸先は闇とよく言われますが、皆さんもフォーチュンクッキーで運を占ってみてはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

Misfitとアンディ・ウォーホール

今日は趣味である80年代洋楽の軽いおはなし。

curiosity killed the Cat というバンドをご存知でしょうか。諺じゃありません。バンドの名前。

80年代後半のイギリスのバンドです。それほどブレイクしなかったからご存知ない方の方が多いかしら。

このバンドの「misfit」という曲が一時期大好きで、文字通りヘビーローテーションで聴きまくっていたことがあります。なんか、ものすごくfitした感じで。

その頃ちょうどイギリスに行ったことがあって、ロンドンの街をこの歌をウォークマン!で聴きまくりながら闊歩したこと、今でも覚えてます。

つい最近、何十年かぶりにこの曲のPVを見ました。それも初めて!

で、ビックリ。なんとそのPVに見たことのある銀髪にメガネのおじさまが!

この人ってまさか・・・

アンディ・ウォーホール

いわずと知れたポップアートの巨匠です。

なんで?なんで?

あの頃けっこうTVKでやってたミュージックTVとかミュートマとかで、PVチェックしてたのにまったく知らなかった。多分、アンディが何かかかわっていたのでしょうが、こんな巨匠と関係があったなんて今の今まで知りませんでした。

ちなみに、このバンドが来日したとき、どうしても生で聞きたくて新宿の厚生年金会館だったか、コンサートに行ってきました。でも、残念ながらすごくショボかった!

あのころは私が今でもNo.1と信じているクィーン(超超大ファン。中学1年からコンサート行ってます)の最後の来日公演やマドンナ、マイケル・ジャクソンなどのコンサートなどにも行ったので、余計にそう感じたのかもしれません。

コンサに行かないほうがよかった・・・と感じてしまったアーティストのひとつです。

そういえばスタイルカウンシルもそうだったなぁ・・・・

でもmisfitは20年たった今聞いても好きです。でも、なんでこの曲のPVにウォーホールが出ていたんだろう。あまりに謎だったのでブログに書いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

私ただのミーハー!

久しぶりに森高千里さんの「ミーハー!」が聴きたくなって、昔のカセットテープ(古っ!)を探し出してアルバムを聴いてみました。大好きだったアルバムなんです、これ。

バブルのはじめの頃、永田町で秘書をしていた頃、カラオケで一時期自分たちのテーマソングと勝手に決めて秘書仲間とよく歌っていました。ワンレンボディコンの時代。もちろん、カラオケボックスなどというものはまだなかった頃のお話です。

「お嬢様じゃないの、私ただのミーハー!だからすごく軽い、心配しないでね」というフレーズが衝撃的で、なんとなくその頃の自分たちの気分にストライクな感じだったのでしょう。時はバブル全盛への一番日本が浮かれていた時代。軽くて薄いものが流行った時代の象徴ともいえる(?)歌ではなかったかと。

時は20年以上も過ぎ、日本は一変しました。

今、私達の前には重く大きな困難がたちはだかっています。

どうしたら、この不安や課題をひとつひとつ克服できるのか。連日寄せられる地域のみなさんの不安や怒り。我々地方議員はもっとも身近に感じながら、できることからコツコツやるしかない!の気持ちで取り組んでいます。

しかし、国政に目を向けるとどうでしょうか。もちろんわれわれ地方議員もその責任を痛感しなければいけないことはわかっています。しかし、連日報道されるあまりの混迷ぶりにはあきれるを通りこして憤りすら感じてしまうのが正直な気持ちです。

今こそ全体を俯瞰する大局的な視点が大切なのに、どうしたら選挙や自党に有利になるのか、乱暴な言い方をすれば世の中に「ウケる」のか、そういった目先だけの視点でばかり動いているのでは?と感じる方は多いのではないでしょうか。

政治家が、「ただのミーハー!」になってしまっては、この国の行く末が思いやられます。しかし、あまりにも軽すぎる!!

私は趣味やプライベートでは、間違いなくお嬢様じゃなくて「ただのミーハー!」です。

しかし、政治家としてはミーハーになってはいけない。

たとえ批判を受けようと大局的な視野に立って自信をもってビジョンを示す、超重量級の政治家。道はまだまだ遠そうですが、私は目指していきたいと思います![ミーハー!」を聴きながら「非ミーハー宣言!!」

Photo

森高千里 非実力派宣言

 ( ダブリューイーエー・ジャパン)

しかしすごいアルバムタイトルのネーミング!

ちなみにミーハー!はこのアルバムではなく「ミーハー!」に収録されてるはず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

被災廃棄物の川崎市への受け入れについて

このブログにも多くのみなさまから阿倍市長が表明した被災廃棄物の受け入れについてのお問い合わせやご意見が寄せられています。

この件に関して川崎市の担当とお話させていただき、まず現時点での状況確認を行いました。

その中から大切な点を何点かあげさせていただきます。

1、現段階では市長が表明しただけで、具体的には何も決まっていない。

2、放射能汚染も含め、安全性が担保できない廃棄物は受け入れることはない

3、川崎市が単独で判断、実施できるものではない。国をはじめ関係省庁、関係機関との調整が必要で、それにはかなりの時間を要すると考える。

被災地への支援は、国民として当然であると思います。しかし、今回の放射能の問題は、まだ事態の収拾のめどもつかない状態であります。国際的な問題にもなっている中、今の時点で一自治体が判断し実施することは、安全性の確認方法などを考えればありえない話です。

また、今回の阿倍市長の発言は、統一地方選挙の最中の話であり、新たに選ばれた議員の任期は5月から。すなわち議員のいわば「空白の時間」に発した発言で、恐らくすべての議員が寝耳に水であったのではないでしょうか。被災地を支援したいという市長の思いは理解するところですが、廃棄物の受け入れという表明については今回に限っては様々な検討検証が必要であり、拙速の感はいなめません。(市川は県議会へ転出のため4月1日で市議会議員を失職しましたが)3月まで市議会議員の職責にあった者の一人として議会の議論も経ない中の発言は、不安や混乱を招く懸念があり、遺憾に思います。

5月になれば議会が召集され、新議員で構成された川崎市議会でこの問題が議論されると思います。市川も県の立場で議論させていただきたいと思います。

これに関しては私の公式ホームページのツイッターですでに情報や意見を発信しておりますのであわせてご参照くだされば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

「大」反省大会

最近、仕事の上ではつらい日々が続いている。

テレビをつけると怒ったり、それを通り越して落胆することばかりだ。モチベーションが下がってしまうと、仕事で失敗することも多い。何をやっても裏目に出てしまうというか・・

しかもそこにお酒が入ると、失敗率はがぜん上がってしまう。

昨夜はいつもお世話になっている方々とお食事をさせていただいた。本当にいい方ばかりで非常に楽しかった。

ついついうれしくて飲みすぎてしまった。

気がつくと、私のせいでご一緒した皆さんを遅くまで引き止めてしまうことに。しかも大恩人である方には、わけわからんこと言って困らせてしまった。何やってるんでしょうか・・

家に戻って一人反省した。申し訳ないですホント。許してください。

こういう時ほど、じっと耐えて自分をしっかりと持たなければいけないのに、まだまだ私は修行が足りない。これでは失言大臣と一緒じゃん。

しっかりしろ自分。

ご一緒した皆さんに心からお詫びと感謝をしながら、今日から絶対変わるぞと誓う私です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

陸軍中野学校シリーズ~私のつれづれ映画遍歴その1

質問が終わったので、久しぶりにプライベートな時間がとれました。

そこで、だいたい私がやることといえば・・映画鑑賞なんですね。

っていっても、映画館へ行くほどの時間はなし。必然的にDVD鑑賞になるわけで・・

で、今日は読書ではなく映画について書いていこうと思います。

記念すべき第1回目は、昨日の夜中、私が見た、BOXでコレクトしている

陸軍中野学校」(大映製作・DVD発売元角川映画株式会社)

Photo

なんといっても、私の大好きな雷さま・・市川雷蔵様主演(親戚じゃないです、残念ながら)

シリーズ第1作は、三好少尉(シリーズ途中で中尉に昇進・苗字も椎名にされちゃうんです)が突如呼び出しを受け、いきなり試験を受けさせられるところから始まります。

中野学校への入学試験。これが凄い。まず、地図を見せ、地名を聞くんですが、地図にその島がなかったりして。あるいは雑談のような質問後、突如机の上を隠され、あったものを聞く。灰皿の中の吸殻の銘柄まで・・それをスラスラ答える雷蔵様

中野学校をつくった草薙中佐(加藤大介・すごくいい味出してます)の熱意に負けてしまった椎名少尉は、婚約者(小川真由美・アイフル大作戦なつかしー)も捨て、スパイとして生きていくことになるんです。

あとは、是非見ていただきたい。

とにかく雷蔵様が、ニヒルでかっこいい。虚無的なモノローグがまたいい。

思えば、市川は、昔から「スパイ」が大好きでした。

スパイ大作戦とかナポレオンソロとか、007はほぼ全て見ています。

子どもの頃は、サンスター「スパイ手帳」とか買ってもらって、(消えるインクとか消える紙とかついてました)銀玉ピストル持って、従兄弟たちと遊んでました。(余談ですがピストルといえば007のワルサーPPKかベレッタが大好きです。中野学校シリーズでは中国人スパイはモーゼルとか使ってた?)

昔昔、明星か平凡にアイドル時代の早見優ちゃんが将来なりたいもの「女スパイ」って書いてて、なんとなく「!」って思ったことがありましたが、スパイってなんか憧れちゃいませんか???

市川雷蔵さまは37歳の若さで亡くなってしましましたが、今この役を演じるとしたら誰なんでしょうね。あの冷たい虚無感はやっぱり雷さましか出せないかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

代表質問でイッキ・・・イッキ・・・

9月14日

川崎市議会で代表質問に立ちました。

代表質問っていうのは、文字通り会派(うちの場合はもちろん民主党)を代表しての質問で、演壇(議長席の前、正面)に立って質問します。質問の持ち時間は、我が会派の場合約3時間。答弁や再質問(今回は再々質問までやりました)の時間もあるので、演壇でしゃべる時間はだいたい40分から50分です。

で、私の場合は48分。

初めての「経験」smile

うちの会派は18名の第一会派なので、4年に1回しか順番はまわってきません。

超ド緊張の中、演壇へ(;;;´Д`)

で、質問を始めて20分くらいたって、急に「こりゃヤバい!!」って

目の前がクラクラして、ちょうど貧血起こす一歩手前みたいな感じに・・

ここで倒れたら前代未聞。いやーあせりまくりました。

そこで、ふと横を見ると・・

あったんです

何がって

01

これ!!!!キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

これこそ天佑!!

で、質問を一度中断して、コップに水を入れ、ぐいーーーーっと

すると、さっきまでのあのヤバい症状はすっかり消え、元気いっぱい!!

アンパンマンのように復活して、無事終えることができました。

調子に乗って3回も飲み干して、終わったあと先輩から演壇で3回も水飲むのは前代未聞だと・・口の悪い先輩は「市川さん、酎ハイの一気飲みみたいだったぞ」だって

しかし、国会とか講演会とかでこの「水差し」よく見たことありましたが、飲んだとこ見たことありませんでした。お飾りでおいてあるんだとばっかり思ってましたが、これは必要不可欠だと実感しました。

ちなみに、貧血になりそうになった原因は

酸欠

息継ぎしないで読み続けると、なるそうです。

アナウンサー出身の太田議員に教えてもらいました (@Д@;

みなさんもしゃべりすぎの貧血気をつけてくださいねーー

Photo 市議会議場 中央が演壇です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

お祭りグルメ探訪

今、市川の地元では祭礼シーズン真っ只中

ということで、地元の市会議員として各祭礼の神酒所をあいさつ回りさせていただくのも、この時期の恒例です。

昨日は、地元古市場の祭礼と、南河原地区女体神社の祭礼が重なり、神酒所まわりも20箇所以上の超ハードスケジュール。しかも、最後は古市場に戻り、おみこしを担いできました!(肩が痛いです!!泣)

公職選挙法上、我々議員は寄付ができませんので、名刺をおいてご挨拶だけしかできませんが、そこは人情のまち幸区!、こうした神酒所で、「何か食べていって」と暖かい言葉をかけていただくこともしばしばあります。

どこの町会も婦人部の方々が腕によりをかけてつくられた手作りのお料理がならんでいます。

昨日も何箇所かで、おいしいお料理や手作りの茶飯おにぎりなどをご馳走になりました。

感謝・感謝です

2010082212140001

写真は中幸町でいただいた、しいたけのソテー(衣をつけてソテーし醤油で味付けしてます。美味しい!)と秘伝のたれで漬けたというきゅうりとみょうがのキムチ(夏らしいさわやかな食感で美味)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

ブライトライツ・ビッグシティ~私のB級(?)読書遍歴1

たまに読み返したくなる本ありますよね。読書遍歴というと大げさですが、私の好きな本について折をみて書いていきたいと思います。今回は第1回。B級というと本の作者に失礼と言われそうですが、あくまでも私の読書のあり方がB級ということです、念のため。

特に、過ぎ去った日日を思い返したいというノスタルジックな気分にかられた時、読み返したくなるのがこの本です。J・マキナリーの小説。

1980年代、(日本はいよいよバブル全盛の時代という時代)、その時代がどういう時代だったのかを知ろうとする方は是非読んでいただきたい本です。

恐らく、この時代の小説としてはエリスの「レス・ザンゼロ」の方が有名だし、文学的な評価も高いと思いますが、私は、この小説の方が好きです。

クールで、虚無的で、しかしどことなく無邪気な時代。80年代はまさにそういう時代でした。高い理想や志などをもってアツく生きるのではなく、クールに漂流することがカッコよかった・・・今の時代を生きる若い人には理解できない時代かもしれません。

思えば私も漂流する一人だったのかもしれません。その私も、今はアツい想いをもって政治の世界で生きています。

あの時代一世を風靡した「なんとなくクリスタル」を書いた田中康夫さんが、やはり政治の世界で頑張っていることを考えると、個人的にはとても感慨深いものがあります。

そういえば、大学時代、六本木のディスコで田中先生を見かけたことが何度かありました(笑)

バブルのあだ花と一言で切り捨てることができない、思い出深い一冊です。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«画伯誕生!