« Misfitとアンディ・ウォーホール | トップページ | 芸術家と政治家に関する一考察 »

2011年11月19日 (土)

フォーチュン・クッキー

仕事関係の友人3人で食事した四川料理のお店で、食後出てきたのが、フォーチュン・クッキー!

(ちなみに、そのお店ではお茶を入れるのにものすごいパフォーマンスをしてくれるので必見。結構笑えます)

ご存知でしょうか、フォーチュン・クッキー

ピーナッツみたいな形の、中が空洞になっているクッキー(というより瓦煎餅みたいな生地)。中から紙切れが出てきて、そこに短い言葉が書いてあるのだが、いわゆる「おみくじ」ですね。

Photo_2 ウィキペディアより

20代のころ、サンフランシスコの中華街で初めてこのフォーチュンクッキーというものに遭遇したのだけれど、その後一度も見たことがなかったので20年以上ぶりの再会かしら

私は、何十年も前に、ある神社で大凶をひいてから、絶対おみくじなるものは引かないことにしているのだが、これはどうしたものか。

持ってきたお店の方に「悪いこと書いてありません??」と聞いたら、「大丈夫」と。しかしその後「でもたまに訳がわからないのもあるんですよね~」と意味深な言葉。

でも、ここは思い切ってと、おそるおそるカゴから一個選んだ。

で、何が書いてあったかというと

あなたは健康に恵まれ豊かに暮らすでしょうscissors

You will enjoy good health,you will be surrounded by luxury

「なんや、これ!」とツッコミを入れたくなるくらいフツーにあたり前のありがたきお言葉!!.

そして、次にクッキーを開けた二人目の言葉は、「今日のあなたの幸福をまわりのみんなと分かち合いなさい」という、これもまたちょっと説教っぽいけれどフツーなお言葉。(思わず学生時代の神父様を思い出しました。)

なんだ、結構普通なことしか書いてないじゃん!と居合わせたみんなでほっとしたのもつかの間、最後の一人が引いたクッキーには

貴方の人生には、ロマンスとミステリーが待っている

これを引いた彼女は、才色兼備という言葉がぴったりの、私の数少ない20代の美人さんのお友達。

すごくかわいいお顔なのに、仕事はバリバリで、いつもキツーイ言葉で周りをめった切りにしてくれる。年下ですが、珍しく市川が尊敬の念を抱く稀有な存在。その夜も、市川の一連のバカな行動を、辛辣に一蹴してくれた「超現実的」彼女。とても、ロマンスには縁遠そうな、というより対極にいる彼女なのに。しかも現在妊娠中で、かわいい(見たことないですが本人談)だんな様がいらっしゃる。

しかもミステリーって、何???

一瞬凍りつく一同。ロマンスとミステリーといえば、頭の中には、2時間ドラマのテーマソングが。波打ち際の死体??やっぱり刑事は船越英一郎さん?で、助手は山村紅葉さん??

と、まあそれだけだったんですが、結構笑えました。しかし人生何があるかわからないし、ちょっとうらやましい気もしました、正直。もっとも、頭の切れる彼女ですから、決して波打ち際には近づかないと思いますが。

家に帰って調べてみたら、このフォーチュンクッキーって中国の習慣ではなくて、サンフランシスコの日本人の方が1864年の国際見本市で日本庭園のおもてなしで出した北陸の辻占煎餅が由来だそうです。アメリカの中華料理店では結構出てくるみたいです。

今回のお店は東京でしたが、中華街でも出しているところあるのでしょうか。

ユングの言う集合的無意識ではありませんが、こういう、ふと出会うメッセージに、人生の真実や幸せのヒントがあるものと思っています。

政治の世界は一寸先は闇とよく言われますが、皆さんもフォーチュンクッキーで運を占ってみてはいかが?

|

« Misfitとアンディ・ウォーホール | トップページ | 芸術家と政治家に関する一考察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349645/43064774

この記事へのトラックバック一覧です: フォーチュン・クッキー:

« Misfitとアンディ・ウォーホール | トップページ | 芸術家と政治家に関する一考察 »