« フォーチュン・クッキー | トップページ

2011年12月11日 (日)

芸術家と政治家に関する一考察

「画伯」こと高校2年生の娘が、帰るなり、またまた「見てみて~~happy01」と騒ぎ出した。

なにやら新聞紙にくるまれた、怪しげなものをおもむろに出す。

新聞紙の中から出てきたのは・・

F1020292

何これ?

トイレの消臭ポット???coldsweats01

聞けば美術の授業でつくった「芸術作品」らしい

本人いわく、イメージはshineプラネタリウムshine

中にろうそくを灯せば、夏みかんみたいなブツブツした穴から光が錯綜して、天井に星座を描くことになる・・・・・らしい

私には消臭ポットにしか見えないのだが、本人は結構スゴイものをつくった感ありあり。ここはとりあえず「ほめて伸ばす」教育を実践。

思い起こすと、私の小学校低学年のころの夢は

そうりだいじんになること」と「ノーベルぶんがく賞をとること」(そのころ川端康成先生が受賞されたんです。古っ)だったような

つまり政治家と芸術家だったんですよね、夢は

「そうりだいじん」にはなっていないけれど、政治の道には進むことができました。

もうひとつの夢は、果たしてどうでしょうか・・

でも、小説かどうかわかりませんが、いつか本を出したいとは思っています。地方政治のドロドロ暴露本かもしれないけど(笑)wobbly

芸術家と政治家って対極みたいに思えるけれど、実は共通するものがたくさんある気がします。

まず、「変人」が多い!!flair(これは本当です!私もかなり変わった人間ですが、私もビックリするような変わった方が多いのがこの世界!)

それと、「直感bell

普段目にする何気ないものの中に何かを感じる力。それを表現する力。

これ、すべて「センス」の問題です。これを「才能」というのでしょうか

最近の政治の世界は「芸術家」ではなく「職人」タイプの方が多い気がします。

でも、今のような混沌とした閉塞感のある時代には、まったく新たなものを創りだす「芸術家」的政治家がより一層求められるのではないでしょうか。

ちなみに「画伯」こと我が娘の幼少のころの夢は

福澤先生や夏目漱石先生、樋口一葉先生のように

お札になる!」

  

なんでお札なのかはつっ込まないでください。今はどんな夢に変わったのか・・

でも、変な人というところは、芸術家の素質だけはもってるのかも・・

夢なんて見るもんじゃない。語るもんじゃない。かなえるものだから!とアムロちゃんも歌ってますから、自分なりに頑張れ!

と、単なる親バカですね・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

|

« フォーチュン・クッキー | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349645/43334579

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術家と政治家に関する一考察:

« フォーチュン・クッキー | トップページ